真価は、歳月に試される。

時世時節にしなやかに変化し、日本のマーケットに新しい価値を創造しながら、モルガン・スタンレーは50年の節目を迎えました。
異なる背景や価値観をも力とし多彩なプロフェッショナルが支え合う、これが私たちの強さです。
「一流のビジネスを、一流のやり方で」
これからも世界基準の金融ソリューションで、お客さまとともに歩み続けます。

50th Anniversary History Video

モルガン・スタンレーは1970年に日本の駐在員事務所を構えて以来、「一流のビジネスを、一流のやり方で」お届けすることを心掛けてきました。
当社の歴史を振り返るビデオをご覧ください。

マネジメントからのメッセージ

モルガン・スタンレーは、お客様の立場を第一に考え、個々のニーズを深く理解することを設立以来の変わらぬ企業理念としてまいりました。80年以上にわたる長い歴史を通して、私たちはお客様の戦略的な事業目標の達成に向け、革新的な金融ソリューションと商品をお届けし、グローバル資本市場への架け橋となるべく、たゆまぬ努力を続けています。日本においても、1970年に初めて東京に駐在員事務所を構えて以来、同じ理念の下、お客様に一流のサービスをご提供することを常に心掛けてまいりました。

本年で、日本におけるモルガン・スタンレーは設立50周年、三菱UFJフィナンシャル・グループとの証券合弁事業は10周年を迎えます。今日では1,300名を擁する企業へと成長し、投資銀行業務、セールス&トレーディング、リサーチ、不動産、資産運用を含む包括的な金融サービスを着実にお届けすることで、国内の金融業界を牽引する企業のひとつとなりました。

モルガン・スタンレーの強みはその企業文化にあり、5つのコア・バリュー(企業指針)である「正しいことをする」、「顧客を第一に」、「卓越したアイディアで主導」、「ダイバーシティ&インクルージョンへのコミットメント」、「還元する」がその中核を成しています。私たちは日々これらの指針を体現することで、全社一丸となってお客様に最大限の敬意と誠実さをもったサービスを提供し、また、私たちの持てるグローバル・ネットワークと豊富な経験を通じて日本の金融市場の発展へ貢献できるよう努めております。

50周年の節目を迎え、皆さまのご支援に改めて心より感謝申し上げます。これからも、私たちはより強固な業務基盤を構築し、お客様の長期的な目標達成の実現と日本経済の活性化の一助となるべく、全力を傾注していく所存です。


モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社
代表取締役社長

田村 浩四郎 (アルベルト)

社長インタビュー: 日本における50周年と企業文化

『日経ビジネス電子版』に掲載した記事体広告で、モルガン・スタンレー・ホールディングス代表取締役社長 田村アルベルトが日本における50周年、企業文化やコア・バリュー(企業指針)の重要性、日本市場に対するコミットメントについて語っています。

our people make us who we are

モルガン・スタンレーでは様々なバックグラウンドを持つ社員が協力して仕事に取り組んでいます。当社を選んだきっかけ、仕事へのモチベーションやキャリア展望について、3名の社員のストーリーをご覧ください。

ダイバーシティ& インクルージョン

モルガン・スタンレーでは、ダイバーシティ(多様性)を、お客様、社員、そして当社にとっての『可能性』と捉えています。多角的な視座に立つことで、より質の高いサービスをお客様に提供することができ、また、職場においては、社員一人ひとりが目標達成に向けて充分に力を発揮することを可能とします。