先輩たちの声

下原 良輔

投資銀行
法学部 卒

入社の動機
私は大学卒業後に同業他社でキャリアをスタートし、主にM&Aアドバイザリー業務と金融法人カバレッジを担当していましたが、2013年春にモルガン・スタンレーのM&Aアドバイザリー・グループに転職しました。モルガン・スタンレーは日本のM&A市場において、国内外における大型案件や難易度の高いM&A案件を手掛けており、同社で切磋琢磨することで自身の中長期的なキャリア形成に資するとの思いから転職を決意しました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力
投資銀行本部のM&Aアドバイザリー・グループには、経験豊富かつ優秀な上司や同僚が数多く在籍しており、入社から2年半経過した今でも数多くのことを学べる環境です。私が所属するグループでは、様々なバックグラウンドを有する社員と働く機会があります。プロジェクトの進め方やクライアントとのコミュニケーションの仕方一つとっても色々な考え方があり、多角的な視点を養うという点で非常に恵まれた職場だと思います。また、グローバルに強固なプラットフォームを有しており、常に海外案件や業界動向の最新の情報にアクセスできる点も非常に魅力的です。

モルガン・スタンレーでの一日
日々の業務として、主にM&A案件におけるプロジェクト管理、クライアントとの協議を通じた各種の分析作業、相手方との交渉のサポートなどを行っています。案件タイプや交渉相手の属性、クライアントが置かれている状況や案件スケジュールなど、同じM&A案件は一つもないため、特に決められたルーティーンはありません。

仕事にやりがいを感じる瞬間
私が携わっている案件の中で、クライアントの意思決定やプロジェクトにおける方向性を協議する際に、何等かの価値を提供していると感じる場面にやりがいを感じます。モルガン・スタンレーがアドバイザリー業務を手掛けるプロジェクトは難易度が高く、短期間で結果を求められることが多いのですが、日々クライアントとのやり取りを通じて信頼関係を構築していくプロセスには醍醐味を感じます。

プライベートタイム
M&Aプロジェクトでは常に臨機応変に対応することが求められるため、時には週末や深夜でも業務を行うことはありますが、極力週末には仕事を持ち越さず心身ともにリフレッシュできるよう心がけています。長期間にわたるM&Aプロジェクトでは根気も求められますので、定期的にジムに通って気分転換するようにしています。

学生へのメッセージ
「どの会社に入るか」ではなく、「自分が将来何をしたいか」を主軸に据えて、色々な業界や会社を見てみてください。また、外部から眺めているだけでは会社のカルチャーや職場の雰囲気はなかなか分かり辛いと思いますので、少しでも多くの社員と会った上で、悔いのない第一キャリアを決断してください。