先輩たちの声

錦 宗多佳

マーチャント・バンキング
工学系研究科 卒

入社の動機
私の場合、モルガン・スタンレーに応募した際に、マーチャント・バンキング部門についてよく理解していませんでしたが、私がこの部門で働こうと考えた理由は、業務内容の魅力と社員の魅力でした。投資事業に携わるということや、不動産という実体のあるプロダクトを扱うということに魅力を感じましたし、面接を通して、一様に優秀でありながら、多種多様な価値観を持った社員と接することができ、このチームで働きたいと感じるようになりました。実際に多くの社員と話す機会を得られたことで、不安なく入社を決めることができたように思います。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力
非常に優秀な社員が多いということは、やはり大きな魅力だと思います。その一方で、学生時代に漠然と抱いていた外資のイメージと少し異なっていたのは、チームワークを重視するカルチャーが根付いているということです。マーチャント・バンキング部門においては、主に不動産に関わる資産への投資を行っていますが、その業務は、案件の発掘に始まり、資産の価値評価、売主・レンダーなどとの交渉、様々な契約書の締結、物件取得後のアセットマネジメント、そして売却と多岐にわたっており、それらの業務をチーム単位で遂行していきます。一人ひとりに高い能力が求められる一方で、経験豊富なチームの中で働くことができる環境であることは、大きな魅力です。

モルガン・スタンレーでの一日
案件のフェーズによって、業務内容は大きく異なりますが、主に資産のバリュエーションを行っています。対象資産についての多くの資料を精査するとともに、マーケットの分析を行い、案件ごとのリスク・リターンを考慮しながら資産価値を算定していきます。資産の取得が決まると、売主・レンダーとの交渉や、各種契約書の締結など、決済(クロージング)に向けたプロセスに携わります。多くの関係当事者が存在する中で、全体を取りまとめながら、多様な業務を遂行していくうえに、同時に複数案件を担当するため、案件の全体像を把握しながら、優先順位を意識して仕事をすることが求められます。

仕事にやりがいを感じる瞬間
日々の業務においては、チームへの貢献を感じることができた瞬間にやりがいを感じます。1年目から、プロフェッショナルとしてチームに貢献することを求められる環境であるため、能力に応じて一定の裁量や発言権が与えられます。自分の働き次第で、案件の重要な意思決定に関与することができますので、自分の仕事のやりがいを実感しやすいと思います。また、案件の成功を感じられた瞬間にも大きなやりがいを感じます。我々のマネジメントプラン以上のパフォーマンスを達成できた際の喜びや達成感は、投資事業の醍醐味だと感じています。

プライベートタイム
休日は友人と過ごしたり、ドライブに出かけたりと、自由に過ごしています。また、投資を行った不動産を、プライベートで見に行くこともあります。日々の仕事では全力を尽くし、その分休日は十分にリフレッシュするというタイプの社員が多いように感じています。

学生へのメッセージ
今後の将来を決めるうえで、世間の評価や周りの意見だけに左右されるのではなく、自分が本当にやりたいことが何なのかをよく考えることを強くお勧めします。就職活動では、それまで触れることのなかった世界に触れるいい機会です。広い視野を持ち、幅広い興味を持ってみると良いと思います。皆さんの未来にとって最良の選択ができることを祈っています。