先輩たちの声

宮内 秀聡

投資銀行
金融学科 卒

入社の動機
企業の競争力を高めることで日本の国際競争力の向上に貢献したいという想いを抱いていた私は、経済産業省や財務省で官僚として働くことを考えていましたが、偶然参加したモルガン・スタンレーのSummer Insight Program (SIP)を通じて投資銀行業務と出会ったことで大きく考えが変わりました。ルール・メーカーでもプレイヤーでもないアドバイザーの立場から、M&Aや資金調達を通じて企業の成長をサポートできる投資銀行業務に純粋にやりがいと面白さを感じるとともに、若い頃からプロフェッショナルとしての仕事を求められ、実力次第で責任範囲の広い仕事を任される成長環境に魅力を感じ、同社を志望するに至りました。数ある会社の中でもモルガン・スタンレーを選んだのは、グローバルは勿論日本でのプレゼンスとコミットメントを確信し、紳士的で洗練されたカルチャーやフラットでフェアな組織に強く惹かれたからです。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力
モルガン・スタンレーの強いプレゼンスや紳士的なカルチャーに魅力を感じて入社しましたが、その期待以上の環境であると日々実感しています。特に、入社初日からプロフェッショナルとして扱われ、視座を高く持つことを要求される点は、ストレッチした環境でこそ成長できると考えている私にとって非常にフィットしています。2年目に入り、クライアントと直接対話する機会や自分自身の考えを持つことが求められる場面も増えていますが、こうした環境にあるからこそ、多くのアナリストが次のステップであるアソシエイトを見据えた成長ができているのだと感じています。

モルガン・スタンレーでの一日
通勤中にニュースやメールに目を通してその日のタスクを整理し、出社後スムーズに資料作成やクライアントとのやり取りに取り掛かれるように心がけています。同時に複数のチームメンバーと協働することが多いため、タスクに優先順位をつけることで多忙な中でも質の高いアウトプットを担保できるよう努めています。私は、運輸、機械、消費財、製薬業界などを担当するカバレッジ・グループに所属しているので、業務内容はM&Aや資金調達の提案および執行が中心となります。具体的には、シニアバンカーや海外チームのインプットを踏まえながらクライアント企業や案件に関する様々な分析を行い、プレゼンテーション資料の作成を行います。若手社員は多忙になると時に作業偏重になりかねませんが、効率的に仕事を進めることで「思考する」時間を作り、自分なりの付加価値を与えられるよう意識しています。

仕事にやりがいを感じる瞬間
仕事にやりがいを感じる瞬間は、チームとしてクライアントに価値を提供できたと感じる時、そして自身の成長を実感できた時です。各投資銀行が凌ぎを削る中で、チームの提案がクライアントに認められてファイナンシャル・アドバイザーに任命された時やクライアントから感謝の言葉を頂戴した時、アドバイザーとしてのやりがいを感じます。また、自分が作成した資料をもとに議論が深まった時やチーム内での責任範囲が広がった時にも、自分が付加価値を提供できたと実感することができます。

プライベートタイム
週末は極力仕事を離れ、他の業界で活躍する友人と会って視野を広げたり、ジムでのトレーニングや昔からの趣味であるテニスなどで汗を流してリフレッシュをしたりするようにしています。また、長期の休暇が取れる時には海外に出かけ、仕事から離れて自身のキャリアや人生を見つめなおす機会としています。

学生へのメッセージ
ファースト・キャリアの選択は間違いなく人生で一番重要な選択の一つです。長期的ビジョンとして自分が何をしたいのか、そのためには今何が必要なのかをじっくり考えて欲しいと思います。様々な分野で活躍する人との対話やこれまでの自身の人生を振り返ることで、この問いに対する自分なりの答えが見つかれば、それがキャリアを選択する上で軸になると思います。その軸をもとに熟考し、自分自身が全力でコミットできるキャリアを選んで欲しいと思いますし、それが投資銀行であれば、是非モルガン・スタンレーの門を叩いて頂きたいと思います。