先輩たちの声

木本 英介

資本市場
経済学部 卒

入社の動機
アメリカの大学に一年間留学をした際に、ウォール・ストリートで実際に働いている人や、これから働くことが決まっている学生の話を聞く中で、自分も世界最高レベルの金融ビジネスに携わり、その中で切磋琢磨したいと強く感じたことがきっかけです。数ある外資系・国内証券会社の中でも、モルガン・スタンレーはグローバルのあらゆる地域で豊富な案件実績を持ち、グローバルの知見が集積される環境にあり、また若手の社員であっても十分な実務能力や経験に基づけば、重要な仕事をどんどん任せてもらえるという職場環境に強い魅力を感じました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力
入社前のイメージ以上に、優秀な上司や同僚が多く、常に何らかの刺激を受ける就業環境であることが最大の魅力です。東京のみならず、世界各地に様々なプロダクトの専門家がおり、学ぶ姿勢があればあらゆる金融知識や情報を吸収することができます。常にもっと上を目指して必死に仕事をする日々はプレッシャーも大きいですが、ラーニング・カーブは極めて急こう配であり、仕事に大きなやりがいを感じます。また、個性豊かな人が多く、忙しい中でも会話が尽きないチームの雰囲気にも居心地の良さを感じています。

モルガン・スタンレーでの一日
私の仕事は、グローバルの資本市場に接する業務であるため、24時間常に新たな出来事が起こっています。午前8時には出社し、前日のニューヨーク及びロンドンの状況を確認し、時には株式・債券業務の担当者と市場動向について情報交換をして、その内容をクライアントに提供します。その後は、資金調達に関わる提案資料を作成することもありますし、進行中の案件があれば株式・債券業務の担当者とマーケティング戦略について相談するなど、クライアントにとって最善の資金調達戦略を考え、行動に移すようにしています。限られた時間の中で、できる限り様々な視点から物事を考え、それぞれの仕事に付加価値をつけることができるよう努力しています。

仕事にやりがいを感じる瞬間
入社一年目から大規模な資金調達案件に関わることができ、その必死になって打ち込んだ案件が無事にクローズした時、新たな企業が東京証券取引所に上場した時、新たな証券が誕生して市場で売買が開始された時などには大きな達成感を感じます。また、案件を獲得するに至るまでの提案プロセスにおいて、自分の考えたアイディアが評価されて、クライアントに受け入れられた時にも大きなやりがいを覚えます。日々分からないことやできないことを一つずつクリアし、自分が成長していると実感することが仕事のモチベーションになっています。

プライベートタイム
担当している案件が佳境にある場合を除き、できるだけ週末に仕事を持ち越さないよう、集中して平日に仕事を終わらせて、週末は完全にリフレッシュできるように心がけています。仕事が長時間のデスクワークであるため、プライベートではジムに行ったり、海や山へ行ったりしてリフレッシュしています。連休や休暇にはできるだけ旅行の予定を入れるようにしています。

学生へのメッセージ
モルガン・スタンレーをはじめとする投資銀行の仕事は華やかなイメージがある一方で、仕事は地道な作業の積み重ねであり、激務が続くこともあります。周囲の風評や先入観だけではなく、自分は職業人としての一生をどう過ごしたいか、自分は何に打ち込みたいのかをよく考えてみることが大切だと思います。モルガン・スタンレーで一緒に仕事ができることを願っています。