Profile

Y. Maeda

ヴァイス  プレジデント  リスク管理

リスク管理本部で主にリクイディティリスク管理およびクレジットリスク管理を担当。モルガン・スタンレーにはクレジットリスクマネジャーとして2012年に入社。前職の日系証券会社では、主に日本およびアジアの取引先のクレジットリスク管理に携わる。

現在の役割および職務について教えてください。

私はリクイディティリスク管理とクレジットリスク管理業務を担当していますが、リクイディティでは日本におけるガバナンスやリスク管理フレームワークの構築などに携わり、クレジットにおいては、主に日系の顧客との取引から生じるクレジットリスクの管理を行っています。一見するとこれら2つのリスクの間には関連性があまりないように思えるかもしれませんが、実際には表裏一体の関係であることが多く、私がこれまでにクレジットリスク管理業務で培ってきた経験を異なる分野に応用できるおもしろさを感じています。

モルガン・スタンレー入社の動機を教えてください。

モルガン・スタンレーへの転職を決意した理由は二つあり、ひとつは、幅広い商品を扱いグローバルにビジネスが展開されている環境に身を置いて経験を積み、自身の専門性を磨きたいと考えたことです。加えて、優秀な人材が集まる職場で働きたいとも考えました。採用のプロセスで出会った社員とコミュニケーションを重ねていくなかで、自身の求める環境がモルガン・スタンレーにあることを一層強く感じるようになり、最終的に入社を決意しました。

モルガン・スタンレーに入社して一番印象に残っている仕事・出来事を教えてください。

一番印象に残っている仕事は、日本独自のストレステスト・モデルを構築したことです。こうしたモデルの構築により、日本におけるリスクプロファイルをより明確に捕捉できるようになりました。優先して取り組むべきリスクが何なのか、また、認識したリスクに対してどういった対策を取ればよいのかということが明確になり、リスク管理体制の更なる向上に貢献することができたと考えています。

モルガン・スタンレーの企業文化について教えてください。

モルガン・スタンレーの企業文化を表現する言葉を選ぶとすれば、チームワークとコラボレーションだと思います。自分一人では達成することが困難な業務に直面しても、必要な経験やスキルを持った同僚達と協力し、チームとして目標達成に向けて業務を進めていくカルチャーがあると思います。

職位の異なる社員と一緒に働くことで、どのような発見がありましたか。

様々な立場の人とチームで業務を進めていくなかで、相手の立場や達成すべき目標によって情報を取捨選択し、時に伝えるメッセージを修正することが重要だと認識しました。また、相手のコミュニケーションスタイルを理解することが最善のアプローチにつながるということを学びました。

「Giving Back (還元する)」の重要性について教えてください。

モルガン・スタンレーではボランティア活動などを通じて社会に還元することを企業指針のひとつとしています。日本においても多くの全社的な取り組みがありますが、私の所属する部署では、カンボジアの子どもたちに人形やサッカーボールなどの遊具を届け、併せて女性たちの就労機会創出の手助けをするボランティア支援を行っています。

Get Your Career Started At Morgan Stanley