Profile

T. Nyunoya

アソシエイト  債券:セールス& トレーディング

入社の動機

学生時代のインターンシップを終えて就職活動を行う中で、自分の最大限のアウトプットを出すための環境が整っている会社で働きたいと思いました。面接が進むうちに、優秀でプロフェッショナル意識の高い多くの社員の方々と話す機会があり、尊敬できる同僚と働きながら、仕事の成果や貢献度が明確に見え、若手社員が活躍・挑戦できるモルガン・スタンレーに惹かれました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

モルガン・スタンレーにはプロフェッショナルとしての意識および向上心が高い人が集まっており、知識や経験が豊富にも関わらず、常に成長をしたいという意欲を持っている社員が多数います。実際私自身も、相手の立場になって様々な視点から物事を考え、ビジネスの好機を逃さないようアンテナを張っている先輩に囲まれています。
若手社員には常に新しいチャレンジが待っており、早く活躍して欲しいという周りからの期待も感じます。この様な社風の会社で働いていると、一日でも早く貢献したいという気持ちが増していくので、モルガン・スタンレーは若手社員にとって成長しやすい職場だと実感しています。

仕事にやりがいを感じる瞬間

私は、主に金融機関や事業会社が抱える問題債権に関して買取やリスクヘッジなどのソリューションを提供する仕事をしています。具体的な担当業務としては、財務および事業分析を通じた対象問題企業の将来キャッシュフロー予測、リスクとリターンを反映した問題債権のプライシング、そして債権購入後の価値実現に向けたマネジメントなどです。分析や管理をすることで、少しでも他の人とは異なる視点や観点から対象の本質的な価値を見極めることができた時にやりがいを感じます。その結果、実際に想定したとおり(または自身が期待した以上に)収益を実現できた時には達成感があります。最大限のアウトプットを出しチームに貢献ができることがやりがいにつながるので、様々な視点から多数のオプションを考え、適切な企業価値を見極めることができるよう心がけています。

働くモチベーション

私にとって働くモチベーションは、将来仕事で得た能力を通して社会に貢献できるよう、自身の価値を高め最大限のアウトプットを出したいという意識からきています。その為には、まだまだ身につけなくてはならない能力が際限なくありますが、以前より少しでも成長したと感じると、モチベーションが上がります。また、少しでも結果が出せた時やチームに貢献できた時は、自分の居場所があると感じるので更にモチベーションが上がります。

ボランティアワーク

モルガン・スタンレーではボランティア活動を通じて社会に還元することを大切に考えており、様々な活動の機会を提供しています。参加や企画をしたい社員へのサポートも厚く、入社してからは週末に福島県の幼稚園と児童養護施設で遊具設置のお手伝いをするなど、積極的にボランティア活動を行ってきました。入社2年目の時には、全社向けのチャリティバスケットボールイベントを先輩と2人で企画しました。一から企画したので約半年掛かりましたが、多数の社員が積極的に参加し、イベントで集めた寄付金で被災地の中高生を支援する事ができました。こうした取り組みは、仕事以外では接点のない他部署の人たちと共に活動ができ、貴重な機会になっています。

学生へのメッセージ

学生の間に、自分の考え方の傾向や直したいところ、好きなところなどを徹底的に分析できると、どのようなアプローチが適しているかを理解することができ、社会人になって直面する様々な問題を解決できるようになると思います。能力を最大限に発揮するために、できないと思ったことでも自信を持って辛抱強く諦めずにチャレンジすることで確実に成長につながると思います。

Get Your Career Started At Morgan Stanley