Profile

R. Shiba

アナリスト  資本市場

入社の動機

世界の様々な地域で働く親族の話を聞いて育った影響で、子供の頃から将来自分も世界を舞台にして働くのだとイメージしていました。金融業界に興味をもったのは中学を卒業した頃で、当時リーマンショックの真っ只中でした。金融機関に勤める従兄弟から世界経済の情勢を聞き金融のダイナミズムに強く興味を持つようになり、中でもグローバルにビジネスを展開する投資銀行は自分の思い描いていた将来図とマッチし、「Summer Insight Program」への参加を決めました。そこで出会ったモルガン・スタンレーの社員が顧客の利益を最大化するために決して妥協しない高いプロ意識を持って取り組む姿勢に感銘を受け、是非この人たちと一緒に働きたいと思い、入社を決めました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

入社前に想像していた以上に、モルガン・スタンレーには新人を教育するという企業文化が根付いていると感じました。疑問や問題に直面した時に一人の新人が自力で調べてわかることには限度がありますが、経験豊富な先輩に聞くと親切に教えてもらうことができます。先輩に何でも聞ける環境に身を置くということはスティープなラーニング・カーブを形成することにも繋がり、若手のうちからチームに貢献ができ、チーム全体の利益になるという好循環を生み出しています。実際、資本市場統括本部では、一年目のアナリストは株式資本市場部と債券資本市場部に半期ずつ在籍するというプログラムがあり、幅広く多くのことを学ぶことができました。株式資本市場部に戻った今でも、債券資本市場部での経験を生かすことができています。

モルガン・スタンレーに入社して一番印象に残っている仕事・案件・出来事

一年目の夏に初めてディールメンバーとして遂行を担当した案件が非常に強く印象に残っています。それまでにいくつかの案件のサポートをした経験はありましたが、ディールメンバーとして責任を持って一案件のエクセキューションの最初から最後までをやりぬくことは全くもって別の経験でした。特にロードショー期間中には予想外の事態が起きてしまうものですが、そのような時も迅速にチームと情報を共有し、海外にいるメンバーのサポートをすることでチームに貢献できているという実感が湧き、日々の仕事にやりがいとともに楽しさを感じるようになりました。時差の関係で多忙な時期もありましたが、その分やりきった時の達成感は格別でした。

働くモチベーション

私にとって働くモチベーションとなるのは、上司や先輩からのフィードバックです。私はマネージャーやメンター(資本市場統括本部には各アナリスト・アソシエイトにメンターとしてシニア社員がつく制度があります)と月に一度食事を共にし、仕事上のアドバイスやフィードバックをいただいています。日々目の前の業務に追われていると、自身の働きぶりに対する客観的な目線を見失いがちですが、定期的に上司や先輩と働き方に関して意見交換をする機会を設けると、自分では気付かないところで評価されている点もあれば、まだまだ達成できていないことも発見でき、次はさらに成長した姿を見せることができるようにと毎回気持ちが引き締まります。また、仕事上での些細な悩みも気軽に相談できて、仕事においてほとんどストレスを感じたことがないことも、モチベーション維持に大きく貢献しています。

プライベートタイム

仕事で疲れた心と体を癒すためにも、休日は極力しっかり休んで楽しむようにしています。特に他の業界で働く友人と会って普段とは全く異なる世界の話を聞くことは、好きな休日の過ごし方の一つで良い気分転換になります。連休などのまとまった休みが取れる時は、温泉や海外旅行に行って思う存分リフレッシュしています。

学生へのメッセージ

社会人と接した経験が少ない中で選考が進んでいく過程では、わからないことや不安もたくさんあると思いますが、是非率直に社員に話を聞いてみてください。私も就職活動当時に感じたことですが、モルガン・スタンレーの社員はどの人も親身になって有益なアドバイスをしてくれましたし、実際に働いている人からの生の声ほど説得力のあるものはありません。是非何でも気軽に聞いていただければと思います。

Get Your Career Started At Morgan Stanley