Profile

R. Kuriu

アソシエイト  ファイナンス

入社の動機

国際色豊かで多様性に富み、若いうちから成長できる環境で、グローバルなマインドを持つ人々と共に働きたいという思いから外資系企業を中心に就職活動を始め、その過程でモルガン・スタンレーに出会いました。金融業界やファイナンスの世界は私にとってあまり馴染み深いものではありませんでしたが、世界トップクラスのビジネス環境においてグローバル金融のダイナミズムに触れながら仕事をするということに、次第に魅かれていきました。また選考の過程で、社員のプロフェッショナル意識の高さや、ダイバーシティへの意識を自然に体現している姿に先進性を感じ、感銘を受けました。モルガン・スタンレーは社員一人ひとりが自分らしく働きながら、年次や性別等に関係なく能力を発揮し成長できる職場であると確信し、入社を決めました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

一点目は、人を育てる環境が整っていることです。特にファイナンス部は新卒として入社してから長く働いている社員も多く、長期的に人を育てようとするカルチャーが根付いています。金融やファイナンスのバックグラウンドの乏しい私でも、恐れることなく新しい世界に飛び込み、一から仕事を学び成長していける土壌が整っていました。

 二点目は、チームワークを重視する点です。入社前は、外資系金融と言うと個人主義が強い印象がありましたが、私が日々担当する業務の中では「数字を正確かつ迅速に分析し報告する」という共通目標に向かって、皆が知識や知恵を出し合いながら協力してビジネスを進めていく意識が強く、チームプレイで仕事をすることにやりがいを感じることができます。

モルガン・スタンレーに入社して一番印象に残っている仕事・案件・出来事

入社数ヶ月にして、ニューヨーク本社の経営陣向けに毎週提出している収益のサマリーレポートを改善するプロジェクトを任されました。経営判断にも使われる非常に重要なレポートであり、より分かりやすいレポートにするために、ビジネスの理解を深めつつ、データ集計の仕方やグラフのレイアウトなどを試行錯誤しました。また自ら新たな提案や意見を上司にも積極的に出し、今では私が作成したフォーマットが資料のベースになっています。モルガン・スタンレーには、やる気と能力が認められ信頼されれば、若手にも積極的に裁量を与え仕事を任せる風土があります。また年次に関係なく意見を出し合え、良い意見が積極的に採用され、ボトム・アップで変化を起こせる環境があります。入社直後から速いスピードでの自身の成長を実感し、やりがいを感じ続けることのできる職場であると確信しています。

モルガン・スタンレーでの一日

私はISGファイナンス部で株式のプロダクト・コントロールチームに所属しており、当社の株式部門が執り行う取引における収益の報告やリスク管理を主に担当しています。出社するとまず夜間にニューヨークやロンドンから送られてきたメールに目を通します。午前中は株式部の前日取引の損益の分析や検証を行い、証券管理部や株式部門のトレーダー、ファイナンス部の海外チームなどと連携を取りながら、損益の数字を固めていきます。損益の要因分析や、マーケットの動きとの整合性も検証した上で、午後にはトレーダーとシニア・マネジメントに最終的な損益の結果と詳細を報告します。こうした日々のレポートが、週、月、四半期単位で行われる財務諸表や報告書作成のベースになります。それ以外の時間では、トレーニングや海外チームとのグローバル会議に参加したり、業務効率化のためのプロジェクトなどに取り組みます。

ネットワーク

“Women’s Business Alliance” という社内ネットワークに所属し、入社一年目から有志の運営メンバーの一員として活動しています。ここでは職場における多様性を尊重し、女性を含む様々な立場の社員がキャリアアップおよび仕事と個人の生活を効率的に両立できる職場づくりを促進するための全社的な活動を行っています。ゲストを招いて講演会を行ったり、社員同士の交流会を企画するなど、社員のより豊かな人生とキャリア形成に寄与できていることを実感しています。

学生へのメッセージ

就職活動では、自己分析を徹底的に行い、自分がどのような人間で何をしたいのか、どのような仕事に向いているのかを自分なりに把握した上で、ありのままの自分でぶつかっていくことが大切だと思います。学生時代は、その時にしかできないことに全力で取り組んでください。そうした全ての経験がその後のキャリアの糧になるはずです。

Get Your Career Started At Morgan Stanley