Profile

M. Ishibashi

エグゼクティブ ディレクター  債券:セールス& トレーディング

入社の動機

優秀な人材の多い環境で働きたい、という軸で就職活動をはじめ、選択肢の一つとなったのが外資金融という業界でした。金融の知識は全くありませんでしたが、サマーインターンや本採用の選考の過程で、金融市場という目には見えないけれども経済の根幹を支える巨大なビジネスに興味を持ちました。なかでも債券市場は、世界経済の大きな流れや財政問題など、関わるテーマやその規模も、組織で働くからこそ経験できる世界であり、とても魅力的だと思いました。競合他社の中で、モルガン・スタンレーはビジネスに対する向上心と紳士的なカルチャーが融合する、とてもバランスの良い会社であるという印象を持ち、入社を決めました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

仕事に対する真摯な姿勢、頭の回転の速さ、ユーモアのセンスなど、様々な面で魅力的な社員が多い会社だと思います。そのため、仕事に対する責任感からくるプレッシャーはあっても、人間関係でのストレスは感じずに働くことができています。また、若手にチャンスを与えるカルチャーが浸透しており、新人の頃から、責任のある仕事を任せてもらえたことで、他社では実現できない成長カーブを描くことができています。会社が社員にコミットし、社員はその期待に応えるために努力するという関係が上手く機能していることは、モルガン・スタンレーの強みの一つだと思います。

モルガン・スタンレーでの一日

起床後、海外市場の動向を中心にニュースをチェックした後、その日の相場の流れを予想しながら出勤します。日中はマーケットのアップデートや売買の取り次ぎを行う傍ら、新商品や新しいビジネスの可能性について社内の様々な部署やお客様と議論していくのが仕事です。お客様からどのようなニーズがあるのか伺うため、出張をすることも多いです。会食の予定がなければ、19時ごろに帰宅します。

仕事にやりがいを感じる瞬間

私の所属する営業チームでは、日々取引できる流動性の高い商品だけでなく、お客様と相談をしながらオーダーメイドで作っていく商品も取り扱っています。世界の市場動向を踏まえてどのような商品を提案していくべきか、プロダクトチームや他部署とミーティングを持ちながら、チームでビジネスをするのがこの仕事の面白さです。グローバルな市場環境、規制動向などに関する幅広い知識を必要とするため、好奇心を刺激されるのも私にとっては魅力です。そして最終的にお客様と共に一つのビジネスを作り上げ、それが実を結んだ時にやりがいを感じます。

プライベートタイム

仕事柄どうしても金融業界の人と話すことばかりなので、プライベートはできる限り、他の業界や違うコミュニティの人との時間を積極的にとるようにしています。また、「自己管理のできない人にビジネスはできない」というモットーから、ジムで汗を流したり、十分な休養をとるなど、最良のコンディションを保つ努力をしています。

学生へのメッセージ

「外資系証券」というと、「帰国子女でなければいけない」という先入観を持っている学生さんをよく見かけますが、そんなことはありません。きれいな英語で伝えられなくても、話す内容がしっかりしていれば、仕事はできますし、英語が堪能だからといって仕事ができるものでもありません。採用選考の際、会社は常にその人のポテンシャルを見ています。英語はその1つの要素にすぎないので、今は英語が苦手でも自信を持って面接にいらしてください。

Get Your Career Started At Morgan Stanley