入社の動機

大学では理工学部に在籍しており、修士課程進学のタイミングで将来のキャリアについて考え始めました。数理的なセンスを生かし、高い専門性を身に付けたいということが、私にとって大切な軸でした。アカデミックな道へ進むことも検討しましたが、新たな分野で挑戦したいという好奇心もあり、様々な業界を調べる過程で金融業界、そしてモルガン・スタンレーに出会いました。会社説明会ではモルガン・スタンレーに新卒入社後、長いキャリアを築いている社員が多く、「長期的に社員を育てる」という言葉に重みを感じました。社員を大切にするカルチャーは、強みを生かして成長する自分の姿を想像させ、将来への期待へ変わりました。これが入社の決め手です。    

モルガン・スタンレーでの一日

独立性を維持した立場から金融商品の公正価値を検証するバリュエーション・コントロールチームに所属し、金利デリバティブ(派生)商品を担当しています。私の一日は、マーケットの情報収集やデリバティブ商品の公正価値算出のように瞬発力を求められる日もあれば、新たに導入されるバリュエーションの方法を議論するなど深く問題と向き合う日もあります。さらに、海外の同僚が出社する夕方からはグローバルの電話会議に参加し、重要な情報を互いに共有する機会も多くあります。プロダクトやマーケット、金融工学など幅広い知識のほか、コミュニケーション能力も求められるため勉強や準備が欠かせません。一日の仕事を終えた後は早く帰宅するよう心掛け、家族との時間も大切にしています。    

あなたにとって働くモチベーションとは

高い専門性を追求し、それを活用できる環境は、働く上でモチベーションにつながります。また、日々の業務やプロジェクトにおいて生じる疑問を納得するまで突き詰めることは、仕事における成果だけでなく自分自身の成長につながることを実感しています。私の場合、複雑なデリバティブ商品の公正価値を検証する過程で、腑に落ちるまで分析や議論を繰り返すうちに、金融工学やプロダクトの知識、多角的な視点でものごとを捉えるスキルが身に付いてきました。習得した知識や新たな視点によって気付けた問題点やアイディアが周囲に認められる瞬間はやりがいを感じますし、次のステップへの原動力になります。    

ボランティアワーク

若手を中心とした数名で、毎年Global Volunteer Monthの期間中に海岸清掃のボランティアイベントを主催しています。今では様々な部署の社員やその家族等が参加する100名超の大規模なイベントへと成長しました。モルガン・スタンレーのコアバリューの一つである「Giving Back」を実感すると同時に、部門の枠を超えた社員がネットワークを築くことができる非常に有益な時間です。    

学生へのメッセージ

好奇心は働く場を決める上で大切なモチベーションの一つになると思います。継続的な努力は当然必要ですが、モルガン・スタンレーでは貪欲に学ぶ姿勢があれば専門性を高めスペシャリストとして活躍する機会に溢れています。就職活動は将来何を得てどう成長していきたいかを考えるチャンスです。金融業界に少しでも興味をお持ちの方は、是非私たちのカルチャーに触れてみて下さい。    

Get Your Career Started At Morgan Stanley