Profile

H. Iwamoto

アソシエイト 
法務・コンプライアンス

入社の動機

入社のきっかけは、マーケット(株式や債券)のビジネス部門をサポートするコンプライアンス・チームで経験を積みたいと考えていた時に、熱心に声をかけて頂いたことです。以前も米系の証券会社で異なるコンプライアンス業務に携わり充実した日々を過ごしていましたが、さらに厳しくやりがいのある環境でのチャレンジを求めていました。その中で、仕事内容が面白く、素晴らしい人材と充実した研修といったサポート体制も整っているモルガン・スタンレーで、プロフェッショナルとしての経験を積むことができると思い、入社への最終的な決断となりました。    

モルガン・スタンレーに入社して一番印象に残っている仕事・案件・出来事

入社後すぐに、会社として、さらには日本でも初めてのビジネスの構想や企画についての議論に参加する機会に恵まれました。最初は何をどう検討していいか戸惑い、自信が持てずに途方に暮れた記憶があります。しかしモルガン・スタンレーでは、営業部門に加え、リスク管理部門や証券管理部門など、社内の関連部署が参加して様々な観点から積極的に議論を重ねるというスタイルが大切にされています。これが企業指針の一つである「卓越したアイディアで主導」につながるプロセスだと感じています。単に法令やルールの遵守にとどまらず、チームの意見を集約して主張する必要があり、直接自分の担当分野ではないトピックについても創造性をもって考える力と知識が求められるため容易ではありませんが、視野が広がり経験を積むことのできる貴重な学びの場となりました。  

仕事にやりがいを感じる瞬間

法務・コンプライアンス本部では、直接お客様と取引を行うビジネス部門や証券管理部門などを法令遵守に関するあらゆる角度からサポートすることに加え、監督当局と規制や市場の在り方に関する議論を深めよりよい関係性を築くという大切な役割を担っています。社内外の様々な関係者と上手く協働するために、「顧客を第一に」の考え方に基づき、自身やチームの知識と経験、コミュニケーション力や創造力、他の地域のパートナーを含めた社内のサポートを駆使して、想像以上の成果につながるとこの上ない達成感を感じることができ、さらなる挑戦への力の源になります。また、社内ではお互いに適切なフィードバックを提供し合うことが大切にされているため、個人・チームとしてさらに向上すべき領域が明確になり、やりがいにつながっています。    

ネットワーク

他部署や海外オフィスのカウンターパーティーとのネットワークは、この仕事をする上で非常に大切です。様々な観点から議論を行い柔軟に考慮するためにも、また自分の意見を効果的に伝えるためにも、ネットワークを構築することは極めて重要であり、同時にネットワークから得られる異なる意見や指摘にはオープンになろうと常に心がけています。    

学生へのメッセージ

就職活動は短期戦のように見えて実は長いキャリア形成の重要なスタートとなります。せっかくの機会ですので、様々な業界の方々に会い、柔軟に多くを吸収した上で、自分自身がどういう人間でどういう人生を送りたいのか、自分に向き合い心の声に耳を傾け、慎重に、でも自信をもって大胆にあなたらしい決断をしてください。やる気と可能性に満ち溢れた皆様とお会いできることを楽しみにしています。    

Get Your Career Started At Morgan Stanley