Profile

E. Ichikawa

アナリスト 
バンク・リソース・ マネジメント

入社の動機

私がモルガン・スタンレーに興味を持ったきっかけは、中学生の時に通っていた塾の講師が大学卒業後モルガン・スタンレーに入社したことです。大学生になって将来を考え始めた際に、その先生からモルガン・スタンレーのダイナミックな仕事内容や理想的なワークライフバランスのことを聞き、より一層興味を持ちました。そこから自分なりに金融業界の方々と会っていく中で、モルガン・スタンレーに入社したいと自然に思うようになり、インターンシッププログラムを経て入社に至りました。    

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

一言で表すなら、モルガン・スタンレーはとても風通しの良い会社だと感じます。上司、部下、先輩、後輩などの立場に関係なく意見を言える環境があり、それを歓迎する文化があると日々実感しています。また、経営陣もそうした文化を浸透させたいという意気込みを持っています。逆に言えば頻繁に意見を求められる環境であり、時にはチャレンジングでもありますが、若手でも自分の意見がビジネスに反映されていくのでモチベーションを高く保つことができます。    

モルガン・スタンレーでの一日

私は貸株のトレーディングデスクというお客様のために貸株を調達するチームで働いています。毎朝出社後はトレーディングミーティングの準備をし、その後オーバーナイトの動きやお客様のフローなどを見て、株式市場が開く前にブック(帳簿)のポジショニングを調整します。株式市場が開いている間は、主にお客様のニーズや市場の状況に応じて株の調達を行いつつ、ニュースや株の動きなどを分析しています。取引終了後はブッキング(帳簿の記入)やお客様とのやり取り、担当しているプロジェクトの進行など、株式市場が開いている間にはできない作業を行っています。私の所属するバンク・リソース・マネジメントにおいては、最近フレキシブルに働ける制度が導入されたので、二週に一度は午後4時に退社しています。

プライベートタイムの過ごし方

プライベートではよく旅行に行きます。休暇を取りやすい環境なので、休みを上手く活用して様々なところに出かけています。昨年4月に入社してから、オランダ、香港、フィリピン、台湾、アメリカを訪れました。まとまった休暇を取りやすいので趣味の旅行がしやすく、充実したプライベートタイムを送ることができています。    

学生へのメッセージ

学生時代はとても貴重な時間なので、その時にしかできないことを存分に楽しんでください。キャリアや将来のことは働き始めてからでも充分に考える時間があるので焦らなくても大丈夫です。モルガン・スタンレーは多様なバックグラウンドを持つ人々が活躍できる職場なので、就職活動や世間の型にはまらず自分らしさを大切にして欲しいと思います。    

Get Your Career Started At Morgan Stanley