Profile

D. Meng

アソシエイト  投資銀行

入社の動機

世界経済の動きを最先端で感じ、社会に大きなインパクトを与えることがしたいと思ったのが、投資銀行本部を選択した最初のきっかけでした。アメリカの大学に留学をした際に、過去の案件を用いたケーススタディが中心だったので、M&Aや資金調達というものがいかに企業をサポートし、社会に大きな影響を与えるかを実感しました。モルガン・スタンレーはMUFGとのパートナーシップによって、国内の顧客基盤とグローバル・フランチャイズをうまく融合し、経済活動において重要な役割を果たしていると思います。このような恵まれた環境に身を置くことで、重要な仕事に関わることができれば、自身の成長も期待できると考えました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

個人の裁量に任される部分も大きく、若いうちからプロフェッショナルとして働けることが印象的です。実際、入社後しばらくして、大きなクロスボーダーM&A案件に携わることになりました。一方で、社会人として一年目であっても、自分なりの考えと高い水準、スピード感が求められます。決まった正解がない課題も当然あるので、その場合には仮説を立てて検証することもあり、興味深いプロセスです。社会人になると、決まった枠組みの中での仕事が多いのではという心配もありましたが、日々勉強できる場を頂いていることに魅力を感じています。

モルガン・スタンレーでの一日

朝8時頃に出社し、携わっている案件のマーケット・アップデートをします。また、最近は海外チームと連携する案件が多いため、海外のチームメンバーから夜の間に届いたメールに目を通し、案件の状況を把握します。手元にある仕事の進捗度合いや新しく入ってきた情報に基づいて、仕事の優先順位を付けて取り組んでいきます。

特に決まった一日の流れはなく、日中はクライアントや外部アドバイザーとやり取りをしたり、社内で案件の方向性や提案内容を議論したりすることが多いです。夕方以降は具体的な作業に入り、提案資料の作成や、クライアントなどとのやり取りの中で生じた懸念事項への対応など、時間を要することに取り掛かります。退社する前に、プロジェクトの状況やタスクの締め切りなどを念頭に置いて翌日のプランを立て、効率よく質の良いアウトプットを出せるよう努めています。

仕事にやりがいを感じる瞬間

チームと必死の思いで毎日取り組んでいた案件が無事に発表された時にやりがいを感じます。自分たちが費やした時間や努力が実を結び、クライアントが重要な意思決定を行う上で役に立った証拠だといえるからです。また、時間を無駄にせず日々の積み重ねによって、この一年で自分も成長したと感じる時にも、この仕事を選んで良かったと感じます。他者からの評価に加え、自分自身でも達成感を得られるところが、この仕事のやりがいだと考えています。

プライベートタイム

平日はデスクで過ごす時間が長いため、週末はなるべく運動するようにしています。風景を楽しみながら体を動かすことのできる皇居ランも最近始めました。また、本を読んだり、料理をしたり、ゆったりとした時間を過ごすことも心がけています。年に一度の長期休暇では帰省することが多く、その他にも海外旅行などを楽しんでいます。

学生へのメッセージ

社会人として最初の仕事は人生にとって重要な意味を持っています。専門知識はもちろん、プロフェッショナルとしての働き方や価値観の形成にも影響を及ぼします。自分が抱いている将来像に合った就職先を選ぶことが大切で、入社後の仕事のモチベーションにも繋がると思います。就職活動はもう一度自分のことを知る貴重なチャンスですので、そのプロセス自体を楽しんでください。

Get Your Career Started At Morgan Stanley