現在に至るまでのキャリアパス

モルガン・スタンレーに入社をする前から、M&Aによる日本企業の価値の最大化と日本経済の成長・発展に微力でも貢献したいという想いがあり、M&Aのプロフェッショナルとしてキャリアをスタートしました。M&Aの案件は一つとして同じものはなく、正解もありません。だからこそ、チーム一丸となって知識と経験に基づく知恵を出し合い、各案件の各場面において顧客にとって最善と思われるアドバイスを追求します。一流のアドバイスを提供するには一流のチームの一員として経験を積む必要がありますが、グローバルM&A市場を牽引しているモルガン・スタンレーならばそれがかなうのではと思いました。なかでも日本のM&Aチームは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)との合弁事業による広範なネットワークを生かして圧倒的な実績を誇っており、私もこのチームの一員となりキャリアを発展させたいと感じました。    

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

入社してからは、当初の期待通り、チーム力とそれを支える個々の能力が高いという印象を受けました。また、グローバルで共通の判断基準や価値観等の理念が共有されているモルガン・スタンレーの強固な組織力に圧倒されました。特にプロフェッショナルとしての意識の高さや真摯に業務に取り組む姿勢、チームワークを重んじ協力を惜しまない協調性などに感銘を受けました。その中でもモルガン・スタンレーの一番の魅力は、顧客を第一に考え、「一流のビジネスを、一流のやり方で(first-class business in a first-class way)」提供することを創業以来の理念とし、全社員がそれを共有していることです。    

仕事にやりがいを感じる瞬間

M&A案件の実行には時に大きな決断が必要となり、相応のリスクも伴います。また、多大なプレッシャーの中で集中的に検討を進めることになるため、M&Aバンカーには知識と経験に裏付けられた判断力と関係者を総括するリーダーシップが求められ、各々が固有のスタイルを確立して案件を遂行します。極限的なプレッシャー下で顧客および関係者から頼りにされることは、M&Aバンカーとして評価され信頼されている証左となり、この信頼関係がその顧客との新たな案件にも繋がります。私も、その都度顧客の期待を上回るサービスを追求しながら、発展的な関係を築くことができた時に、この仕事に対するやりがいを強く感じます。

プライベートタイムの過ごし方

長期にわたり仕事で成功を収めるためには、オンとオフの切り替えを意識して上手に実践することが重要となります。私は、第一に心身ともにしっかりと休めることを重視しており、大好きな運動を通じて健康維持と体力づくりにも励んでいます。また、自然の多い郊外までドライブしたり、長期休暇を取得して旅行にでかけたりして、プライベートタイムを目一杯楽しんでリフレッシュすることを心掛けています。    

学生へのメッセージ

正確な情報収集と適格な自己分析に基づく直観が、キャリア選択の鍵になると思っています。そのため、就職活動中は多くの人から話を聞き、入念な準備をしてキャリアビジョンの具現化に努めて下さい。このホームページをご覧頂いた学生の皆様には、是非ともモルガン・スタンレーの会社説明会等へご参加頂き、当社の社風、業務内容、人材の素晴らしさを直接感じてもらえたら幸いです。一人でも多くの皆様が、我々の仲間に加わる日を楽しみにしています。    

Get Your Career Started At Morgan Stanley