Profile

D. Kurihara

アナリスト  マーチャント・ バンキング (リアル・アセッツ)

入社の動機

学生時代は投資や金融に全く縁のない薬学系大学院にて研究をしていましたが、夏に参加した投資銀行部門のインターンを通じて若いうちからプロフェッショナルとして働くこの業界の人々に憧れを抱き、外資系金融の門を叩きました。私の場合は本選考で初めてマーチャント・バンキング部門の存在を知りましたが、最初の面接で当時の部門長に「他社と比べて100倍面白い経験ができる」と言われたことが頭から離れず、最後まで選考を受け続けました。そして、他職種や博士課程への進学とも悩んだ結果、新卒から外資系投資ファンドの運用サイドで働ける貴重な機会と、投資対象の取得に関わることのできるプレイヤー(バイサイド)であることに魅かれ、マーチャント・バンキング部門への入社を最終的に選択しました。

入社してからのモルガン・スタンレーの印象・魅力

入社前に想像していた以上に、若手のうちから個人の裁量に任される部分が多くあると感じています。実際、入社後すぐに大きな入札案件を割り当てられ、資産価値の評価などの分析業務だけでなく、1年目から売主や貸主との交渉にも携わりました。モルガン・スタンレーでは、若い頃からプロフェッショナルとしての仕事を求められるため大きなプレッシャーがかかりますが、様々な経験を積み成長できるこの環境は私にとって非常に魅力的です。また、優秀で人として魅力的な社員が多いこのマーチャント・バンキング部門で働くこと自体が、とても刺激的であり心地良くもあると日々感じています。

モルガン・スタンレーでの一日

チームの若手は、対象資産の投資判断から取得までの一連のプロセスを遂行することが主な業務となります。複数案件を同時に担当するので、出社後はまずタスクに優先順位をつけ業務に取りかかることが求められます。その後の業務は案件の段階により異なりますが、初期段階では投資対象の分析や運用戦略を考える機会が多くなるため、資料の作成と平行して社内外の会議に参加して議論を交わします。チームには納得がいくまで議論し尽くすカルチャーが根付いており、案件を徹底的に精査していきます。その後の段階では、デッド資金の調達、契約書締結および各種デュー・デリジェンスといったより広範な業務へとシフトし、弁護士等と密に連絡を取りながら案件取得に向け動いていきます。案件の中には数百億円規模の取引や大幅なマネジメント戦略を必要とするものもあり、刺激的な日々です。

仕事にやりがいを感じる瞬間

私の場合は、投資案件をクローズ(決済)できた時に、特にやりがいを感じています。マーチャント・バンキング部門では、1年目から様々な投資案件を担当しますが、案件によっては検討段階で取り止めになったり他者に競り負けたりすることもあります。そういった数多ある案件の中で、チームとして真に取得したい対象を見極め、案件獲得に至った時は大きな達成感を得ることができます。また、クローズに向けて海外の投資委員会や弁護士といった社内外の様々な関係者を巻き込んで案件を動かしていく必要があるため、急速な成長の実感とともに大きなやりがいを感じています。

プライベートタイム

休日は出来る限り仕事から離れ、友人と出かけたり、ランニングやテニスをして汗を流したりと、ゆったり過ごすことが多いです。また長期休暇の際には海外へ旅行し、リフレッシュするようにしています。学生時代に漠然と抱いていた業界のイメージから平日休日関係なく働くことを想像していましたが、プライベートな時間はしっかり確保されていると感じています。

学生へのメッセージ

就職活動は様々な企業の人と会える貴重な機会であり、人生における重要な決断を迫られる数少ない機会でもあります。世間のイメージや先入観だけで判断してしまうのではなく、出来るだけ多くの人から生の声を聞くことで本当に何がしたいのかを考えて欲しいと思います。そして私達も皆さんに真摯に向き合いますので、是非モルガン・スタンレーの門を叩いてください。

Get Your Career Started At Morgan Stanley