Business Areas

モルガン・スタンレーでは、ビジネスエリア別採用を行っています。

様々なチャンスに溢れる
グローバル金融サービス業界

投資銀行業務をはじめ、債券、株式業務など、モルガン・スタンレーの事業分野は多岐にわたります。そして、これらの業務に安定した基盤を提供しているのが、証券管理や情報技術などのビジネスサポートチームです。 モルガン・スタンレーでは、強いチームワークのもと、社員一人ひとりが常に顧客のニーズを考え、付加価値の高いサービスの提供に努めています。 また、各専門分野におけるプロフェッショナルの育成を目的に、新入社員を含めたすべての社員を対象とした多様な能力向上の機会を提供しています。


投資銀行

モルガン・スタンレーにおける投資銀行業務は世界の金融市場を牽引しており、企業の合併・買収(M&A)に関するアドバイザリー業務や資金調達業務などを中心に、幅広い企業金融サービスを提供しています。カバレッジ、M&Aアドバイザリー、不動産投資銀行の3つのグループが緊密に連携し、顧客の多様なニーズにお応えしています。

投資銀行について

資本市場

資本市場業務は、株式・債券の傑出した引受能力を生かし、投資銀行部門および株式・債券のセールス&トレーディング部門と協働しながら、顧客と国際資本市場をつなぐ重要なパイプ役を担っています。同業務では、グローバル・ネットワークを最大限に活用しながら、顧客の多様な資本・資金調達戦略をサポートしています。

資本市場について

マーチャント・バンキング

モルガン・スタンレーでは、世界最大級の不動産プライベート・エクイティ・ファンドをはじめ、インフラ投資を目的とするインフラファンド、企業投資を目的とするプライベート・エクイティやプライベート・デット・ファンドなど、数多くのファンドへのアドバイザリー業務を行っています。

マーチャント・バンキングについて

債券:セールス&トレーディング

モルガン・スタンレーの債券業務は7つの主要なチームに分かれており、トレーディング、セールス、商品開発、調査など各分野に精通したプロフェッショナルが高度な金融ノウハウを駆使して、顧客のポートフォリオ戦略の立案・実施を支援しています。

債券:セールス&トレーディング について

株式:セールス&トレーディング

モルガン・スタンレーは、株式および株式関連商品の取引代行から複雑なデリバティブ商品の構築や高度なプログラム取引まで、広範囲におよぶ株式業務をグローバルに展開しています。日本においても、長年にわたり外資系証券会社のリーダー的存在として業界を牽引しています。

株式:セールス&トレーディングについて

バンク・リソース・マネジメント

バンク・リソース・マネジメント(BRM)では、空売りやレバレッジ・サービスを必要とする顧客への貸株やレポ等のファイナンシングを提供しています。また、当社が保有する資産を活用した資金調達を一元的かつ戦略的に実施することにより、会社全体における利益の最大化に貢献しています。

バンク・リソース・マネジメントについて

リサーチ

モルガン・スタンレーでは、北米、南米、欧州、アジア太平洋地域および日本に、株式アナリスト、エコノミスト、ストラテジストから成るグローバルリサーチ・チームを擁し、主に機関投資家向けに、産業、企業銘柄、各国経済などの幅広い分野で付加価値の高いリサーチおよび投資アイディアを発信しています。

リサーチについて

ファイナンス

モルガン・スタンレーのファイナンスの主要な役割は、「ファイナンシャル・レポーティング」で行う財務諸表の作成や経営者向け管理会計報告と「ISGファイナンス」で行う収益構造の検証・リスクモニタリングやコントロールです。

ファイナンスについて

証券管理

グローバルに展開するビジネスで、日々執行される大量の株式・債券・デリバティブ等の取引を迅速かつ正確に確認・照合し、資金および証券決済を行い、それらを財務諸表に反映させるまでの業務を担当しています。また、他部門と連携して、お客様に付加価値の高いサービスを提供することを責務としています。

証券管理について

情報技術

最先端の情報技術を駆使したシステム基盤設計やアプリケーション開発により、最新鋭の取引システムやリスク管理システムなどを構築しています。また、デリバティブ取引の各種計量化モデルの実装、プロジェクト・マネジメントやデータ管理といった様々なサービスを提供することで、当社のビジネスをサポートしています。

情報技術について

リスク管理

リスク管理本部は社内で独立した立場から、リスク管理のフレームワークや限度枠の設定、リスクのモニタリングと経営陣および規制当局への報告などを行っています。リスク管理業務は、クレジットリスク、マーケットリスク、オペレーショナルリスクおよびリクイディティリスクの4つの部で構成されます。

リスク管理について