当社で働く女性が、金融の世界でどのように道を切り開き、成功に導いているかをご紹介します。

1. 完璧を目指すより、準備を整える

完璧を目指すより、できる限りの準備をする方が上手くいきます。私も常に次に起こりうることを想像しながら、事前の準備をしてきました。予め計画を立てるようにすればするほど、仕事も家庭も上手くいくと思います。
Clare Woodman Head of EMEA and CEO of Morgan Stanley & Co. International Plc View Profile

2. 新しいチャンスを前向きに受け入れる

仕事をはじめた頃は、自分にとって居心地の悪い状況をなるべく避けていました。でも、ある時、少しだけ居心地の悪さを受け入れてみたところ、すぐに自信に繋がり、実はそれは試練ではなくむしろチャンスなのだと気づきました。結果として、そうしたことが一番満足のいく仕事の成果に結びつき、素晴らしい学びの機会にもなっています。
Alison Nest Managing Director, Investment Solutions, Wealth Management

3. 人脈づくりは、「自分目線」よりも「相手目線」

人脈づくりは、相手から一方的にキャリア・アドバイスを得るためのものではなく、自分が相手にどう協力できるかという視点も必要です。全力で助けてくれた人のことはずっと覚えているものですし、どこかでまた縁があるかもしれません。どんな時も頼れる人と思われていれば、後からその優しさは様々な形となって返ってくることがあるかもしれません。
Joan Steinberg Managing Director, Global Head of Philanthropy

4. 必要なのは、夢と目標と熱い想い

まず、夢をもつこと。次に目標を定めて、そこに情熱を注ぐ。仕事のスキルを磨き、一生懸命働くことはもちろん大切ですが、夢や目標がなければ、達成までの道筋を見失いかねません。また、夢に対する熱い想いがなければ、物事が上手くいかない時に、その仕事を選んだことにくじけそうになるかもしれません。厳しい時期というのは、金融のような周期性のあるビジネスにはつきものなのです。
Wei Sun Christianson CEO Morgan Stanley China, Co-CEO Morgan Stanley Asia Pacific View Profile

5. 自分の過ちを認める

ある時上司に、『常に勇気をもって自分の過ちを認めるように』と言われたことがありますが、自分の失敗や間違いに気づくのはとても怖いことです。しかもそれを認めるには自信や勇気がいります。そんな時は、『誰だって人間だから』と思って、過ちは隠さず認めましょう(そもそも周りもすぐに気付きます)。そうするとチームの中でも尊重され、信頼されます。
Elizabeth Elliott Vice President, Equity Research View Profile

6. 良い人間関係の秘訣は、透明性と正直さ

15年ほど前に初めて管理職のポジションに就いた時、上司に『円滑な人間関係と同僚から信頼を得るには、透明性と正直さがカギである』と教わったことがあります。またそれは「想像以上に難しい」と。実際にそうなのです。誰かにとって嫌なメッセージを伝えなければならないことは、時にとても難しいことですが、長い目でみると、そうした状況についても包み隠さず伝えることが良い方向に進んでいくのだと思うのです。
Yuki Hashimoto Managing Director, Head of Fixed Income, Japan, and Head of Fixed Income Distribution, Asia View Profile

7. 人脈を広げる

キャリアを構築する上で、仕事で直接関わるチームを超えた幅広い人脈づくりが非常に役立ちます。他のチームや他部門の同僚との人間関係を築いていれば、キャリア・アドバイスが欲しい時に聞けるようなネットワークができているでしょう。そうした良い人脈は、より広い範囲のビジネスに繋がりを持つことにもなり、自身の仕事にも役立ちます。
Jessica Alsford Managing Director, Head of Sustainability Research View Profile

8. 頼れるメンターとユーモアがあれば複雑なこともシンプルに

あるシニアマネージャーの言葉が印象に残っています。『テクノロジーを学んで活用することは、実はそれほど難しくはない。本当に難しいのは人間関係の方だ。』実際に、テクノロジーを活用したクオリティの高い仕事は、誰の目にも分かりやすく、その良さが明確に伝わります。一方で、より複雑で人間的な側面をサポートしてくれるメンターの存在は計り知れないものがあります。誰にでも小さな問題に気を取られてしまうことがありますが、そんな時に相談できる人がいると、物事を広い視野で捉えることができ、目標を見失わずに済みます。後は、ユーモアさえ忘れなければ大丈夫です。
Rose-Gaëlle (R-G) Belinga Associate, Technology and Data View Profile

9. 自分の道に邁進する

周りがどうしているかに気をとらわれすぎず、自分の持っているスキルや優先順位を踏まえてベストを尽くすことが大切です。人との競争は確かにやる気に繋がりますが、他人の功績は気にしすぎず、冷静に長期的なキャリアの目標に集中するためには、自身の優先事項に沿って、できる範囲でベストを尽くすことだと気づきました。
Debashree Banerjee Vice President, Firm Risk Management View Profile